色で変わる宝石の意味

宝石は色によって持つ意味が変わります。パワーストーンが注目されるようになり、パワーストーンや宝石を扱うショップでは生年月日から一人一人に適した色の石を判別するというような占いも行われている場合もあります。
宝石は色によってそれぞれの石が持つ意味やパワーが異なると考えられています。
例えば水晶などに代表される白や透明な石には、精神的な安定や安心といった意味があるとされています。また、トパーズやガーネットなどの黄色系の石にはやる気や好奇心、明るさなどを引き出すとされており、人気運や財運をアップさせる効果があります。その他にも、紫や青は精神の安定や知性の向上、赤は情熱や勇気、健康運のアップという意味があります。
宝石は身体に身に付ける物ですから、石の持つパワーを信じるかどうかは別にしても、心身ともに少なからず影響を与える可能性があるということは念頭におかなければなりません。宝石を購入する場合には、デザインや価格だけでなく誕生石や石の持つ意味を知った上で選ぶことが大切です。