誕生石の歴史は意外なところから

誕生石は、各月に宝石を当てはめたもので、1912年にアメリカの宝石商の組合が指定したのが始まりと言われています。旧約聖書にも関連した記述が確認されており、古くから宝石を何かに当てはめる習慣はありました。
その後、現在まで世界中で複数の団体が指定したものがあるので、何種類もバリエーションがあります。日本で初めて、卸業者の組合によって誕生石が指定されたのは1958年です。
各月の誕生石は、1月はガーネット、2月はアメシスト、3月はアクアマリン、4月はダイヤモンド、5月はエメラルド、6月は真珠、7月はルビー、8月はペリドット、9月はサファイヤ、10月はオパール、11月トパーズ、12月ターコイズです。異なる宝石を紹介しているサイトや書籍もあり、複数の誕生石がある月も多いです。
お守りとして誕生石を身につける方も多く、プレゼント用のアクセサリー選びにも役立ちます。贈られた相手の印象に残る、気持ちを込めたプレゼントを選びたい方に最適です。