宝石の鑑定士を目指すためには

宝石の鑑定士は宝石を販売する店舗や商社などで必要な資格の一つです。
宝石鑑定士を目指すためにまずは、鑑定に必要な知識を習得し認定試験に合格する必要があります。知識を習得するにあたっては、専門学校や通信教育がありそれらで半年間から一年間みっちりと宝石の特徴や見分け方に判別方法などを学ぶことになります。カリキュラムは、すべて実践的な内容であり鑑定士になるために欠かせない教養を身につけられるようになっています。こうしてカリキュラムを修了すると、民間団体の鑑定士の認定試験を受験することとなります。この試験は一度合格すると生涯にわたって有効であり、専門の知識を持った鑑定士として鑑定業務に従事することとなります。また国内のみならず海外の認定試験などもありそれらをダブルで持っていることで宝石業界での就職先の幅が広がります。鑑定士の認定試験は難易度が高くなっていますがしっかりと勉強すれば取得できる資格でもあります。